【夢のマイホーム】共働き夫婦が安く家を手に入れる方法

中古マンション購入
スポンサーリンク

「マイホームvs賃貸、どっちがお得か!?」
という論争はよく聞きますよね。最近はお金をたくさん持っている人ほど、賃貸の方がお得と考える人が多い気がします。

賃貸のメリットは、
・ライフスタイルや家族の人数によって適切な広さに住み替えることが出来る。
・転勤に対応できて、家族と一緒に暮らすことが出来る。
・ローンを組んで負債を持たなくてよい。
・固定資産税を払わなくて良い。
というところでしょうか。
老後は賃貸を借りることが出来ないという人もいます。しかし、少子高齢化で人口がどんどん減っていって、空き家が増えているので高齢でも賃貸に入れないなんてことはなさそうです。

賃貸のメリットを挙げてみましたが…我が家は2年前に中古マンションを購入しました。夫婦共に都内(23区内)で勤務でして、通勤に便利な地区のファミリータイプの3LDKマンションは賃貸相場が15万円くらいという感じなので買っちゃいました。

今回は、共働き夫婦が安く賢くマイホームを手に入れる方法を紹介します。

スポンサーリンク

一戸建てorマンション

共働きはマンションがオススメです。
・家の中だけを管理すれば良い。
・虫が少ない。(高層階ならゴキブリ出現率が低い)
・戸締りの箇所が少ない。
・宅配ボックスがある。
・ゴミを24時間いつでも捨てることができる。
・家の前の道路を掃除しなくて良い。
・何か困ったことがあったら管理人さんに相談すれば良い。
などなど、とにかく管理がラクです。

そもそも私はマンションにしか住んだことがありません。一軒家の管理方法が分からないというのもマンションにした理由です。

新築マンションor中古マンション

新築マンションは広告宣伝費・営業費も価格に含まれています。よく駅のポスターや電車の中吊り広告で新築マンションの宣伝をしていますよね。その莫大な広告宣伝費が上乗せされている価格でマンションを購入しています。新築は買った瞬間に価格が下がります。これって、無駄な支出だと思いませんか?

たしかに新築マンションは子育て世帯が多くて、親も子どもの友達が作りやすいです。しかし、共働きである場合そんな友達とコミュニケーションを取っている暇はないです。

だから、中古マンションが良いです。リフォームをすれば、内装は新築と変わりません。リフォーム済みの中古マンションはダメです。安いグレードでリフォームをされて、リフォーム代を上乗せされた物件は割高です。自分たちでリフォームしたい箇所を決めて、自分たちの好みや生活スタイルに合わせたリフォームの方が断然お得です。

旦那の単独ローンor夫婦ペアローン

我が家は夫婦ペアローンで組みました。手数料が割高になりますが住宅ローン控除の恩恵を2人分受けることができます。妻は産休育休により給料が下がったり、給料がない年もあるのでオススメされない場合もあります。しかし、住宅ローン控除の10年間ずっと産休育休に入っている人はいますか?続けて4人くらい産めば10年間産休育休に入れますけどね(笑)

これは妻の働くモチベーションアップ(10年間は何が何でも仕事を辞められない理由でもありますが…)になります。

変動金利or固定金利

住宅ローンの金利は変動金利型か固定金利型を選ぶことになります。家を買った友人に聞くと固定金利型を選んだという人が100%で驚きました。
口をそろえて言っていたことが「変動金利は今は安いから魅力的だけれども…金利が上がった場合に固定金利よりも上がると怖いから、心配のない固定金利にしたよ!」ということでした。

はい。我が家は変動金利型を選びました。2019年8月現在の金利は0.625%です。ただ単にお金を借りるのであれば金利は安い方が良いという考えです!

でも、金利が上がったらどうするの!?と思いますよね。今後どんどん上がったら、繰り上げ返済を住宅ローン控除が終わった10年後からしていきます。まだ子どもの教育費等がほとんどかかりません。今から投資をしてお金を増やして、その増えたお金を使って繰り上げ返済をしたいです。

元利均等返済or元金均等返済

これも利息の支払額が安くなるからという理由で元金均等返済を選択しました。
メジャーなのは、毎月支払う金額が変わらない元利均等返済の方ですけどね。

ボーナス払いはする?借入期間は?

今は夫婦共にボーナス(主人:年3回、私:年2回)が出ています。会社の業績が悪化し、ボーナスが出なくなってしまったときに備えてボーナス払いは設定していません。

借入期間は60歳になるまでに払い終えるように最長の35年よりも短く設定しました。数十年後に定年退職の年齢が上がっている可能性もありますけどね(汗)

今後の我が家のこと

変動金利・元金均等返済にしても月々の支払額は家計を赤字にはしていません。同じマンションで賃貸に出ていた部屋の価格よりも月々の支払は安いです。(固定資産税を12か月で割った分を足しても安いです)
理由は、何と言っても【未リフォームの中古マンション】である物件価格が安かったからです。

今の家を終の棲家にするつもりはありません。子どもが社会人になる頃に買い換えをします。ちょっとだけ田舎で夫婦2人でちょうど良いくらいの家を探したいです。その頃は、庭付きの一軒家で家庭菜園をするのも良いかもしれません。

安く買って、ほどほど(20年程度)で引っ越しをする!そんな新しいマイホーム購入の方法も視野に入れてみてはいかがでしょうか?

この記事を書いた人
りさぱん

2歳男の子を育てるフルタイム勤務ワーママ♪
子どもを生後3ヶ月から保育園に預けました。
ブラック企業にて、事務職をしています。
パン屋めぐりと株式投資が趣味です。

りさぱんをフォローする
スポンサーリンク
中古マンション購入
スポンサーリンク
りさぱんをフォローする
スポンサーリンク
普通のワーママの日常